読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歳の冬がバビューーーーーーーン!!!とやって来た!

子ども 日常

あれこれややあってそうこうする間に息子が3歳になりました。暗い陣痛室でひとり一晩中うんうん苦しんでいたあの日からもう3年かと思うと、息子のお気に入りの絵本のロケットの効果音のごとくバビューーーーーーーン!!!と吹っ飛ばされるほどの衝撃をおぼえるのですが、当の本人はその無尽蔵のエネルギーはどこから湧いてくるのかと尋ねたくなるほど元気いっぱいに成長しており、胸を撫で下ろしている次第です。

3歳になって今までと一番変わったところと言えばやはりなんといっても言葉の面で、もちろんまだまだたどたどしいものの、けっこう複雑な話も彼なりにジェスチャーを交えたりしてできるようになりました。今まで使わなかった「てにをは」も最近はちょっとずつ使えるようになってきています。この春まで「ママ」すら言えなかったし、3ヶ月前でも二語文がやっとだったのにすごい。こないだは突然「おかあさん!」と呼ばれてびっくりしてしまいました(普段は「ママ」。夫は「おとう」)。

いったん会話ができるようになるとコミュニケーションが数倍楽になって楽しいです。早期教育が功を奏して相撲好きに成長している(赤ん坊の頃から相撲中継つけてただけ)息子にとって実在するアイドルは今のところ白鵬らしく、先日食事中に「はくほう、ごはん、たべる?」と聞いてきたのでここぞとばかり「いーっぱい食べるよ。君と違って野菜も沢山食べるからあんなに大きくて強いんだよ」と言ったら今まで見向きもしなかったキャベツの千切りをもりもり食べ出したので、白鵬にはいつまでも大横綱として君臨していただきたいです。他にも「はくほう、おうち、はいれるかな?」と言って身体の大きな白鵬がうちのマンションに遊びに来たとき入れるかどうか心配しています。かわいいなあ!!!横綱ぜったい遊びに来てね!!!

人たらしでお調子者の性格は相変わらずで、どんな相手とでもすぐ仲良くなれるのはもはや才能としか言いようがない気がします。こないだは公園で中国人のおじさんたちの輪の中に入り込み、何の違和感もなく談笑に加わっていました。おじさんたちが片言の日本語で「おんなのこみたいにかわいい」と言ってくれたのに「かわいいちがう!かっこいい!」と怒り出す息子。めんどくさい奴だなあ……。

一事が万事この調子なので、公園ではいろいろな人からよく「旦那さんもこんな性格なのですか?」と聞かれます。そのたびにおとなしくて人見知りな夫を思い出して吹き出したくなる気持ちを抑えつつ違うんですよ〜、と答えるのですが、ある時「じゃあお母さん似なんですね、お母さんも楽しい人だから」と言ってくれた人がいて、その発想はなかったのでびっくりしました。

私は夫のようにおとなしくはないけれど、かといって息子のように積極的でもありません。もし息子が当たり前に人見知りする子だったら、私もこんなにたくさんの人たちと知り合って話すこともなかったと思います。暴走する息子に引っ張られてあちこちに挨拶して回っているうちに、私自身の世界まで際限なく広がったような気がします。しまいにこちらの人格まで変わってきたとでも言うんでしょうか。今まで見たことのない景色を次から次へと見せてくれる、子どもって本当にすごい存在だ!

明日君と見に行く世界はいったいどんな景色だろう(決していじけてるのではなく地面に土俵を描いているのです。毎日がぶつかり稽古!)。



へんしんれっしゃ

へんしんれっしゃ

義母からもらったバビューーーーーーーン!!!が出てくる絵本。普通の列車がページをめくるごとにいろいろな乗り物に変わっていく楽しい仕掛けで息子のお気に入り。乗り物好きの子におすすめです。