読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌を詠んでみる ーはてな 題詠「短歌の目」9月ー

短歌

秋の入り口は雨続き。フランス語の勉強にはいいかもしれませんが、体力の有り余った2歳児を抱えた身としてはいい加減倦み疲れてきました。

では気を取り直して今月も詠みます。



1.一錠

一錠じゃ効かぬ痛みと今月も闘いながら生きていくのさ


2.おい

おいすがるやたらに長い影法師引きずりながらここまで来たよ


3.ウーパールーパー

かなしそう春夏秋冬いつ見てもウーパールーパーはだかんぼう


4.マッチ

「ギンギラギンにギンギラギン」母が歌うマッチさりげなくならない


5.葉

葉の色は変わらなくともどんぐりが囁きかける季節の汀


6.月

今日もまたレモンに似せた月ゆらり約束はまだ果たせないけど


7.転

坂道を転がり落ちてどこまでもちびっこ部隊今日も全力


8.舌

あいつには舌が何枚あるのかな捲れば見える彼岸の夕べ


9.飽き

飽きるほど繰り返してたはずなのに失くした時がわたしを責める


10.【枕詞】うつせみの

うつせみの枕を離れ今宵こそ叫んでみせる僕らあやかし


ご近所の子。好き嫌いなくなんでも食べるのだそう。息子よ少しは見習っておくれ……。