読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2歳の息子と乗り物あれこれ

子ども

2歳5ヶ月になる息子は相変わらず大のクルマ好きです。好きが高じてひいおばあちゃんの車椅子まで羨ましそうに見ている始末。2歳の誕生日にはレゴデュプロをあげたのですが、乗り物も近いうちにプレゼントしたいね、と夫と相談しつつあれこれ検討していました。

意識して公園を見回してみると今は空前のストライダーブームのようです。楽しそうにスイスイ乗っている子どもたちをよく見かけます。買うなら私の自転車(子乗せ電動アシストをやっと買ったのです!)とお揃いで緑色かな。

子どもを持つまで存在すら知りませんでした。いわゆる足漕ぎ自転車というものでペダルはありません。これに乗ることでバランス感覚が鍛えられ、補助輪なしで自転車デビューできるという謳い文句には親としてはかなり惹かれます。2歳の誕生日プレゼントに贈るという人も多いようです。

一度お友だちに借りて息子も乗ってみたのですが、悲しいかな両親に似て運動神経があまりいいと言えない息子は、四苦八苦したあげく押し歩きするだけに留まりました。3歳くらいになったらもう少し楽しめるかもしれませんが、今の彼にはまだ早いようです。

三輪車は3歳くらいまでしか乗らないことが多いという話なので初めから候補に入れるつもりはありませんでしたが、無印三輪車にはたまらなく惹かれてしまいました。

シンプルだけど美しい。乗らなくても飾っておきたい。値段も手頃なので自分用に欲しいくらいです。

ところで、うちの周りは交通量も多く坂だらけのため、クルマに乗せるには公園まで出る必要があります。一時期より少しはおさまったものの、息子はまだまだイヤイヤ期まっしぐら。グズって凶暴化した息子とクルマを抱えて公園から帰り、エレベーターなしマンションの階段を上ることを考えると、ここは母の都合優先で軽量一番だろうという結論に達しました。自転車の荷台に乗せられたらなおよし。

キッズミニバイク スーパーバブ

キッズミニバイク スーパーバブ

悩んだ末買ったのがこの真っ赤なバイク型の乗り物。その名もスーパーバブ。どこぞの有名バイクを彷彿とさせるデザインがなかなかです。これなら自転車の荷台にも乗せられます。しかもとってもお買い得。似たような軽量バイクは他にもあって迷ったのですが、「車輪と車体の間に砂が入ると止まる」というAmazonのレビューを見てそちらはやめることに。主に砂だらけの公園を走る予定なので。

2歳半になるのは来月だけど、6月は梅雨であまり乗れないだろうから前倒ししよう、という夫の提案で早めにあげることにしました。優しいお父さんだ!

まだまだぎこちないけれど、相当気に入ってくれた様子でお母さんは嬉しいな。しかしこれはこれで問題があって、車体の外に車輪が出ているため、漕ぐたびに踵がぶつかってしまいます。Amazonでも指摘されていたので分かってはいたことなのですが……。

それでも慣れれば結構なスピードも出せるらしいので楽しめるといいなあ。こんな風に外で思い切り遊べるのも爽やかな季節のうちなので、とりあえずしばらくはこれを満喫してもらいたいです。息子がもうちょっと人間らしくなったらまた新しい乗り物の導入を検討しようかなと思います。