読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌を詠んでみる ーはてな 題詠「短歌の目」5月ー

https://instagram.com/p/2K8ZHuS4U_/

ぼんやりしてる間に、いつの間にやら季節は一足飛びに夏を迎えたようです。暑い……。

早いもので3度目の挑戦になります。宜しくお願いします。


1. うぐいす

選挙カー子育て支援繰り返し赤子を起こすそれもうぐいす


2. 窓

窓辺にて君の帰りを待ちわびる私をいつも月が見ていた


3. 水

立合ってすぐに寄り切るはずだった彼との勝負いつか水入り


4. 海

海知らぬあなたにいつか見せたくて夕日がジュッと落ちる波間を


5. かめ

甲羅干すかめいつまでも眺めてたあの日の瞳今何映す


6. 並ぶ

我こそは白粉つけて紅さして居並ぶ躑躅匂いめく色


7. 発情

発情も知らずに十年(ととせ)我が猫の鬚にもいつか淡雪積もる


8. こい

気がつけばもう三度目のこいのぼり空をも越えて泳げ彼方へ


9. 茜さす

茜さすあなたの頬にくちづけた春の名残か花散る夕べ


10. 虹

雨上がり都会の空に撓る虹誰かに会えるそんな気がする