読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌を詠んでみる ーはてな題詠「短歌の目」3月ー

短歌

初めて参加してみました。制約のある詩を書いたことはほとんどなく、そもそも創作自体が久しぶりで難しかったけれど面白かったです。宜しくお願いします。


1. 雛

雛飾り牛の尾折った幼子の叱られてなお「次左大臣


2. 苺

曾祖母の家で頬張る苺には甘さのほかに不思議な風味


3. 夕

夕間暮れほどけて夜が満ちるとき我に返ればまだ人でなし


4. ひとり言

あなたにはわからないよとひとり言夜更けのシンクまた一雫


5. 揺らぎ

ブランコの揺らぎ大きくなるたびに育ちゆく君老いゆく私


6. 羊

羊飼い井戸端に立ち巡り会う無辜の乙女の罪深きこと


7. 線

退屈に取り憑かれたら五線紙で踊れ回れよ私のいのち


8. バク

トランクを開けたら何が出るのかな今日もバクさん待つすべり台


9. 年度末

年度末土日祝日ない君と最後交わした言葉「ご飯は?」


10. 信号

覚えてる繋いだ指の温かさ信号のない横断歩道