読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お正月も平和です

日常
あけましておめでとうございます。

大晦日は夫と息子が早々に寝付いてしまったため、栞(猫)とふたり除夜の鐘を聞きながら静かに年明けを迎えました。

去年は授乳のため飲めない正月だったので、今年こそ飲もうと意気込んでいたのですが、夫はいつものように丼ごはんであっという間にお腹いっぱいになって寝てしまうので(夫はおせちやおもちが嫌いなので正月でも白いごはんを食べます)、三ヶ日はひとりで飲んだくれることになりそうです。

子どもの頃、暮れから正月にかけてのこの時期は、休みで家にいる父親に何かにつけていつも以上にブン殴られていたので大嫌いでした。サンタクロースについても、ずいぶん小さい頃早々に「あんなものを信じるのは西洋かぶれのクズ」とかいうひどいバラされ方をしました。それで私が欲しかったのはシルバニアファミリーやリカちゃんのキッチンセットなのに、サンタさんがくれるのは欲しくもない『サザエさん』のコミックスやトミカだったことにようやく合点がいきました。あれは父親自身が欲しかったものなのです。

年末年始に対するアレルギーのような気持ちは大人になってからも結婚してからもずっと変わらなかったのですが、子どもを産んでからただでさえ時間に追われ続ける日々が続いているところへ、この時期は掃除に料理と忙しさが上乗せされるため、そんなめんどくさいことを思い出す暇もなくなりました。

一年中いつでも幸せそうな夫は息子とひねもす一緒にいられてさらに幸せそうだし、息子は息子で私の作った伊達巻きをシマリスのように頬張りながらもっとよこせ!と大騒ぎしています。平和です。かつてはこういう絵に描いたような平和な家庭を斜めに見ていましたが、それは叶えられないゆえのすっぱいブドウで、羨ましさの裏返しだったということが今では分かります。平和上等バッチコイ!息子のためにこの穏やかな環境を何としても守らねばと決意を新たにする新年です。

年末のNHKラジオとテレビのはっぴいえんど特集が素晴らしくてぶるぶる打ち震えました。いい音楽に触れると歌いたくなります。少しずつでもいいから創作していきたいと思う歌うお母さんです。本年もよろしくお願いします。

f:id:naoco:20150101204650j:plain
広告を非表示にする