楽園ワルツ

南へ行こう 雪を知らない国へ
夢のさめぎわ そっとくぐり抜けて
水面漂う三日月に乗り込み
太陽に愛でられた島へ向かうよ

秘密の果実を頬張る君の
黒い乱れ髪金色にこぼれてゆく

僕はもう何もいらないよ
君の中で骨になれるのなら
差し伸べた手に手を重ね合わせて
溶けるように流れて行けたら

海鳥の目で空を仰ぐ君と
僕は一目で恋に落ちてしまった
胸に残った小さな火傷のあと
広がって僕の身体焼き尽くしてゆく

夕凪に羽ばたけずに僕らは
ひとしずくの言葉で漂う恋人

僕はもう何も言わないよ
君の歌で眠りにつけるのなら
行く先はふたりにも分からないから
その声をたよりにして行きましょう

天使のワルツが始まる
戻れないふたりもその中に消えて行く

僕はもう何もいらないよ
君の中で骨になれるのなら
薔薇色に燃えるあの海の底へ
抱き合った眩暈の中沈んで行けたら


(1999)
広告を非表示にする