読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃん抱っこ撮影会@両国国技館

 今日は両国国技館での赤ちゃん抱っこ撮影会(http://www.sumo.or.jp/ticket/tokyo/special_ticket)に行ってきました。赤ちゃんのときにお相撲さんに抱っこしてもらうと、その子は無病息災で育つと言われています。

 せっかく相撲好きとして生きてきて子どもを授かったのだから、本当は0歳児のうちにできればよかったのですが、なかなか機会がなくて1歳4ヶ月の今になりました。

 午前中は稽古総見だったので、そちらも行きたかった……でも幼子を長時間拘束するのは体力的にも精神的にも不可能なので、涙を飲んで抱っこ撮影会だけに照準を合わせました。親になることとは色々諦めることでもあるのですな。

 国技館に到着すると遊園地並みの長蛇の列でびっくり。あとでニュースを見たら抱っこ権つきチケットは完売だったそうです。すごいなー。息子は行列の間ベビーカーでぐっすり眠っていたので事無きを得ました。

 さて目指すは新横綱鶴竜関です。妊娠出産の慌ただしさの中で国技館に来るのは実に2年ぶり。それまでは東京の場所は毎回必ず観に来てたので不思議な感じ。久しぶりに間近で見た鶴竜は一回り大きくなったように感じました。でも相変わらずの素朴で優しい人柄も伝わってきました。大好きなお相撲さんに大事な息子を抱っこしてもらえてすごく嬉しかった。忘れられない思い出になりました。息子はいつもの外面いい子ちゃんぶりを炸裂させて始終ニコニコ。総見の後でお疲れのところ本当にありがとうございます。きっと五月場所は大活躍でしょう!

 高校生のとき、友達と時津風部屋まで稽古の見学に行って、逆鉾(今の井筒親方=鶴竜の親方)と写真を撮ってもらったことがあるのですが、それから幾星霜、その人の弟子と自分の子が記念撮影するなんて、当然ですが思いもしませんでした!

 この間、ものすごく久しぶりに会った知人がお相撲好きなので、今誰が贔屓か尋ねたら「松鳳山いいよねえ。それに私、若島津のファンだったんだよ」と教えてくれました(松鳳山は元若島津の松ヶ根親方の弟子です)。こういう素敵な楽しみ方ができるのはお相撲ならではなんですよね。これから私も息子と楽しんで行けたらと思います。早く国技館に一緒に観に来たいなー(今回実際に相撲を観戦するのは私の母とそのお友だちです……)。

http://instagram.com/p/nXcyrMy4aU/

「大きくなってここに帰ってきてやる!」このあと延々四股踏んでおりました。

 息子が元気いっぱいで健やかに育ちますように。