ぼくの雪

http://instagram.com/p/kI1Ba_y4eX/

 

 

お前が生まれた冬の午後
牡丹雪が降っていて
五時の時報が鳴ったのを
覚えているわと母が言う
 
雪の日生まれのぼくと
夏を愛するきみは
いつか月の裏庭で恋をする
 
病室の窓から見えたのは
闇を照らす雪灯り
お前と並んでいるだけで
涙が出たのと母が言う
 
雪の日生まれのぼくの
からだを愛したきみを
忘れてしまうために手紙を書いた
 
夜が明けたとき雪はやみ
白くてちいさな空がいた
胸の奥まで沁みてきて
幸せだったと母が言う
 
雪の日生まれのぼくは
きみと遠ざかるほどに
流れる血の色だけを思い出す
 
雪の日生まれのぼくと
夏を愛するきみは
いつか月の裏庭で恋をする
 
 
(1999)
広告を非表示にする