読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あばよウルトラマンオーブ!

先週の土曜日に最終回を迎えたウルトラマンオーブは4歳の息子にとってはもちろん、私にとっても初めてリアルタイムで観るウルトラマンだった。監督の田口清隆氏のドキュメンタリーを以前観たことがあったので、彼が優れた特撮作家ということは知っていたけれ…

高野文子作品原画展

仏検が終わった夜、鋭く研ぎ澄まされたかのような細い三日月を眺めながら目白のブックギャラリーポポタムへ。人通りもなく暗く寂しい路地をとぼとぼ歩く。そんな中、ぽつんと灯りをともした店を見つけたときは踊り出したくなった。お店の中にだけ嘘みたいに…

きかんしゃトーマスとなかまたち

2歳の息子を連れて東京都現代美術館まできかんしゃトーマスとなかまたち展に行って来ました。親になる前は気味の悪い人面機関車とどうしても馴染めず、「だいたい日本人ならきかんしゃやえもんだろ!」と思っていたのですが、息子にテレビシリーズを見せ始め…

イエラ・マリ展 ー字のない絵本の世界ー

板橋区立美術館で催されているイエラ・マリ展(http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex141122.html)に駆け込みで行って来た。素晴らしかった。イエラ・マリは1931年生まれで昨年亡くなったイタリアの絵本作家。遺した作品はたった8冊と寡作ながら、…

菱田春草展@東京国立近代美術館

菱田春草展に行ってきた。会期末近くの週末ということもあり、入口のグッズ売場が大混雑でウヘェとなったけれど、館内はぎゅうぎゅうと言うほどではなく、比較的ゆっくり観ることができた。 春草について今まで黒猫の画家、という認識くらいしかなかったのだ…

めぐり逢わせのお弁当

めぐり逢わせのお弁当(http://lunchbox-movie.jp)、ヨガの先生に教えてもらって観て来ました。とても良かったです。 インド映画なのに踊りも派手な演出もありません。主人公は平凡な主婦と、退職間際のサラリーマン(このおじさん、どこかで見たことあると…

種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

板橋区立美術館で開催中の種村季弘展に行ってきました。 鰯の頭がたくさんついた帽子をかぶっていらっしゃる。信心からということでしょうか。彼が池袋出身とは知りませんでした。 種村さんは日本のマニエリスムブームの火付け役と言われていますが、王道を…

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

板橋区立美術館のイタリア・ボローニャ国際絵本原画展に家族で行って来ました。 学生のころ同じ展示を観に来ていて、駅からずいぶん遠いなーと感じたことだけ覚えていたのですが、子連れだと尚更遠くに思えました。でも息子がたくさんの絵に興味を持ってくれ…

バルテュス展@東京都美術館

GW代休の夫に子守を押し付けて、念願のバルテュス展(http://balthus2014.jp)に行ってきました。バルテュスの絵に触れるのは、17年前にメルシャン軽井沢美術館(http://www.museum.or.jp/modules/im_museum/?controller=museum&input%5Bid%5D=4091)でジャ…