読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書

男の子がわからない

私は男の子の母親だけれど、もし産んだのが女の子だったら同じような悩みを抱えていたに違いない。二人姉妹の妹として生まれた私は、男児を切望していた父親の命により、小さい頃はいつも男物の服ばかり着せられ、髪を伸ばすことも許されず、毎朝剣道と空手…

『スイミー』を着る

もう春先のことになりますが、ユニクロからレオレオニのUTがシリーズでどどんと発売されました。しかもベビー服も!大好きなレオレオニの絵本の1ページが1000円台で着られる、しかも息子とお揃いにできるとあって喜んで飛びつきました。ベビー服(左)のほう…

『スワンの恋』の終わり

プルースト「スワンの恋」を読む作者: 吉川一義出版社/メーカー: 白水社発売日: 2004/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る『スワンの恋』をディクテで約2ヶ月掛けて読み終えた。もう1週間前になるけれど、それはそれは濃密な64日間だった。…

男の子のなぞ!

図書館へフランス語の参考書を返しに行った足で借りてきました。男の子のなぞ!作者: 子育てネット出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2008/02/21メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見るいわゆる「育児本」の読者は…

プルースト『スワンの恋』を読む

仏検とディクテの試験も一段落したので、『星の王子さま』以来で久しぶりに小説のディクテを始めた。やっぱり小説を読まないと生活に潤いがなくなってしまう。『失われた時をもとめて』の中の『スワンの恋』の抜粋。日本語でも読むのも大変だった物語を、フ…

『フランスの子どもは夜泣きをしない』パメラ・ドラッカーマン

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密作者: パメラ・ドラッカーマン,鹿田昌美出版社/メーカー: 集英社発売日: 2014/04/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る ずいぶん前に図書館で予約していたのをすっ…

À la recherche du temps perdu

失われた時を求めて ─まんがで読破─作者: プルースト出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2013/06/28メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る フランス語を勉強し直したらだんだんフランス文学を読みたくなりいろいろ検索しているうち、気になっ…

『素敵なフランス語のフレーズ365』

フランス語を再び勉強し始めて1ヶ月半が過ぎました。進捗状況は置いといて、毎日わりと真面目に頑張ってます。最近ブログの更新が滞っているのはなんだかんだそのせいです。文法のおさらいがなかなか骨なのです。関係代名詞相変わらず苦手……。 先日図書館で…

『消えたい 虐待された人の生き方から知る心の幸せ』高橋和巳

『子は親を救うために「心の病」になる』(http://hayashinaoko.hatenablog.com/entry/2014/04/21/141225)に続き、著者の本を読むのは2冊目。 著者は虐待を受けて育った人間のことを「異邦人」と呼ぶ。「異邦人」はその他9割の「普通の人」とは異なる世界に…

『子どもについて』ハリール・ジブラーン

友だちから借りた育児冊子に引用されていたハリール・ジブラーンの詩が、今とても沁みます。 ジブラーンは1883年生まれのレバノンの詩人、画家、彫刻家。「20世紀のウィリアム・ブレイク」とうたわれた人です。 「子どもについて」 赤ん坊を抱いたひとりの女…

『子は親を救うために「心の病」になる』高橋和巳

妊娠中、私も人並みの親になりたくて、それなりに育児書など読みました。 参考になったものもたくさんありました。その多くには、子どもにこのように接してはいけないという禁忌も書かれていたわけですが、それを読むたび落ち込みました。 自分の親からその…

『神の詩 バガヴァッド・ギーター』 田中嫺玉訳

Kindle版で読みました。 電子書籍リーダーを買う際、koboではなくKindleにした最大の理由がこの田中嫺玉さん訳のバガヴァッド・ギーター(koboにはなかった)。叙事詩『マハーバーラタ』の一部にしてヒンドゥー教の聖典です。 戦場で家族や友人と敵同士にな…

『修業論』 内田樹

フランス文学者にして合気道家の内田樹さんの本。頭と身体どちらもフルに鍛え続けてきた人の文章、とても面白かったです。この人のツイッターやブログは読んでいましたが著作は初めてでした。あとがきに 噛めば噛むほど味の出る「するめ」みたいな書物であ…

『写字室の旅』 ポール・オースター

この大雪でヨガ教室がお休みになってしまったため、オリンピックのフィギュア男子フリーを観てから、夫が息子と相撲を取ったりギターを弾いている隙にオースター新作を一気に読みました。 奇妙な白い部屋のベッドに座っている記憶を失った老人。そこへこれま…