子ども

あけましてフュージョンファイト!

あけましておめでとうございます。数年前の自分が聞いたらびっくりすることですがウルトラマンヒーローズEXPOでフュージョンファイトしながら迎える新年は元日となりました。今年もよろしくお願いします。どうか皆が健康で過ごせる良い年になりますように。…

あばよウルトラマンオーブ!

先週の土曜日に最終回を迎えたウルトラマンオーブは4歳の息子にとってはもちろん、私にとっても初めてリアルタイムで観るウルトラマンだった。監督の田口清隆氏のドキュメンタリーを以前観たことがあったので、彼が優れた特撮作家ということは知っていたけれ…

息子が4歳になりました

4歳になると誕生日ケーキの火のついたロウソクを触ろうとしなくなるのですね!すごい、すごい成長だなあ。おめでとう。プレゼントはウルトラマンオーブに登場するヒーローのみなさんのソフビとウルトラマン数字絵本、あとは母ちゃん手作りのウルトラマンオー…

コンパス@上野国立科学博物館でだいぼうけん

54年ぶりの11月の初雪(大雪!)に見舞われた東京(うちは埼玉ですが)、翌日は打って変わっての快晴、これはもうどこか気分転換に出かけるしかない。どこへ行きたい?と3歳の息子に尋ねると「はくぶつかん!」というわけで上野国立科学博物館へ。ここは昔か…

3歳9ヶ月のタラちゃん

3歳半の記録をつけねばと思いながら書けぬままに時は流れ、息子はいつの間にか3歳9ヶ月になっていました。実はいろいろありまして、3ヶ月前に家族3人東京から埼玉へ引越しました。幼児連れの引越、いや〜聞きしに勝るしんどさでした… ほんの数kmの引越だった…

3歳3ヶ月のシュワッチ!

息子がこの間「(ウルトラ)セブン、ゴードン、はくほう、サボさん」と言うので何だろうと思ったら好きな人の順番だそうで、「好きな人」と言いながらその中で人間は白鵬だけだなあと思ったお母さんです。ウルトラマン好きの夫に感化され、一年ほど前にウル…

男の子がわからない

私は男の子の母親だけれど、もし産んだのが女の子だったら同じような悩みを抱えていたに違いない。二人姉妹の妹として生まれた私は、男児を切望していた父親の命により、小さい頃はいつも男物の服ばかり着せられ、髪を伸ばすことも許されず、毎朝剣道と空手…

3歳の冬がバビューーーーーーーン!!!とやって来た!

あれこれややあってそうこうする間に息子が3歳になりました。暗い陣痛室でひとり一晩中うんうん苦しんでいたあの日からもう3年かと思うと、息子のお気に入りの絵本のロケットの効果音のごとくバビューーーーーーーン!!!と吹っ飛ばされるほどの衝撃をおぼ…

Comment dit-on en français ?(フランス語で何て言うの?)

2歳11ヶ月の息子の最近のブームは「こえ、ふらんご、なに?(これはフランス語で何て言うの?)」と母に聞くことである。こちらから積極的に何かしたわけでなく、毎朝フランス語のラジオを垂れ流しているうちにいつの間にかそんなことになってしまった。一日…

きかんしゃトーマスとなかまたち

2歳の息子を連れて東京都現代美術館まできかんしゃトーマスとなかまたち展に行って来ました。親になる前は気味の悪い人面機関車とどうしても馴染めず、「だいたい日本人ならきかんしゃやえもんだろ!」と思っていたのですが、息子にテレビシリーズを見せ始め…

2歳9ヶ月の「いる」と「ある」

息子が2歳9ヶ月になりました。いろいろ成長したところはありますが、一番はやっぱり言葉の面でしょうか。人間が言語というものを習得していく一部始終を観察することは人生でそうそうないことなので毎日楽しんでおります。「言葉の遅い子は喋りだしたら赤ち…

「みんなが行くところ」に行ってみたかった

去年の夏は近所をウロウロ散歩したり、ビニールプールで遊んだり、せいぜい近所のお祭りに行くくらいで終わりましたが、息子も2歳になりそこそこ行動範囲も広がったので、今年は暇さえあれば家族であちこち出掛けました。 まずは横浜の日産ギャラリーまで昔…

『スイミー』を着る

もう春先のことになりますが、ユニクロからレオレオニのUTがシリーズでどどんと発売されました。しかもベビー服も!大好きなレオレオニの絵本の1ページが1000円台で着られる、しかも息子とお揃いにできるとあって喜んで飛びつきました。ベビー服(左)のほう…

知らない外国人に話しかけた

先日、息子を連れて山手線に乗っていたときのこと。途中で外国人観光客が何人か乗ってきた。大きな声で話していたのでフランコフォン(フランス語を話す人)だとすぐに気付いたけれど、そのときはそう思っただけだった。そのうち座っている私たちの、息子の…

埼玉県こども動物自然公園へ行ってきました

梅雨の晴れ間。夏本番前に上野動物園へ行きたいと思っていたのですが、せっかくなのでちょっと遠出してみようと思い立ち、埼玉県こども動物自然公園に出掛けました。池袋から東武東上線急行で小一時間の高坂駅からバスで5分ほどのところにあります。広い。 …

2歳6ヶ月のイクラちゃん

息子が2歳半になりました。どこに行ってもなぜかデカい大きいと言われる我が子ですが、ただいま91cm13kg、身長も体重もほぼ平均ど真ん中です。顔が大きいのかしらね。 3ヶ月前の記録からまたかなり成長したと思われるので書き留めておきます。 ・少しずつ話…

2歳の息子と乗り物あれこれ

2歳5ヶ月になる息子は相変わらず大のクルマ好きです。好きが高じてひいおばあちゃんの車椅子まで羨ましそうに見ている始末。2歳の誕生日にはレゴデュプロをあげたのですが、乗り物も近いうちにプレゼントしたいね、と夫と相談しつつあれこれ検討していました…

新宿御苑で八重桜を見る

旧友に誘われて八重桜を見に新宿御苑まで出掛けて来ました。天気が悪い&幼児連れという悪条件で行くかどうかぎりぎりまで迷いましたが、午後から回復するとのことで決行。結果、この時期にしてはかなり空いており、隙あらば水たまりにダイブしようとする2歳…

消防博物館へ行ってきました

電車とバスの博物館の興奮もさめやらぬ次の日、今度は四ツ谷にある消防博物館へ出かけてきました。 丸ノ内線の四谷三丁目駅と直結しています。便利。入館無料です。 年代物のポンプ車や梯子車が、 そこここに。iPhoneのカメラロール真っ赤っか。 消防士の制…

電車とバスの博物館へ行ってきました

少し間が空いてしまいましたが、世間が春休みということで、先日電車とバスの博物館へ出かけてまいりました。博物館のある宮崎台までは渋谷から田園都市線で30分弱ですが、駅と直結しているので雨の日も快適。大人100円小中生50円幼児は無料。そのためか平日…

すみだ水族館へ行ってきました

夫が12連勤(!)の代休だったので、すみだ水族館へ行ってきました。息子(2歳3ヶ月)を水族館に連れて行くのはサンシャイン水族館に続いて2回目です。休みに向けてあれこれくるまの博物館をリサーチしたのに「すみだ水族館に行こう」と言われた時は白目剥き…

2歳3ヶ月

息子はまもなく2歳3ヶ月。ほんの3ヶ月ですが2歳成り立てときから精神的にかなり成長しているような気がするので、気づいたことを書き留めておくことにします。 ・イヤイヤがほんの少しだけマシに以前は気に入らないことがあるとすぐひっくり返って大の字ギャ…

はたらくくるまの博物館を探して

3月ですね!あゝ花粉がにくい!でももうすぐ大阪場所だからお母さんこれでまた生き延びられる!ところで先日、2歳の息子のために、工事車両で知られるコマツの春休みはたらくのりものちびっこ見学会に応募しました。……思いっきりはずれました。平日にも関わ…

ウルトラマンに会いたくて

家のすぐ近くにレンタルビデオ屋があるので、天気が悪くなりそうなときはよくお世話になっています。よく借りるのはもちろん息子(2歳2ヶ月)の好きなはたらくくるま関係です。こないだはウルトラマンがパトカーや消防車を紹介する、という男児垂涎のDVDを見…

男の子のなぞ!

図書館へフランス語の参考書を返しに行った足で借りてきました。男の子のなぞ!作者: 子育てネット出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2008/02/21メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見るいわゆる「育児本」の読者は…

おとなは誰も、はじめは子どもだった

2歳の息子は、老若男女問わず、目が合った相手には必ずニコニコと笑いかける。出会う人みんなと仲良くなりたいのだ。すると相手もたいていニッコリと微笑み返してくれる。それを見て母親の私は嬉しくなると同時に感心する。仲良くなりたければ相手に笑いかけ…

妄想子連れパリ旅行

去年の春フランス語を再び勉強し始めてから、モチベーションが下がらないように息子とのパリ旅行を妄想するのが日課だった。私はフランスどころか渡航経験自体がない。いま、フランスはもちろん、この国も、世界中いたるところ、不穏な空気がますます濃くな…

『フランスの子どもは夜泣きをしない』パメラ・ドラッカーマン

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密作者: パメラ・ドラッカーマン,鹿田昌美出版社/メーカー: 集英社発売日: 2014/04/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る ずいぶん前に図書館で予約していたのをすっ…

ちくわ耳

人の話を全く聞かない、ちくわ耳を持つことでおなじみの私の夫ですが、先日もこんなことがありました。最近、君は「おかあさんといっしょ」のかぞえてんぐ(数えることに命を賭けてる天狗のキャラクター)かい?というくらい、息子は数を数えるのにハマって…

子を持って知る

息子がときどき鋭い目つきでこちらを見てくることがあってびっくりするのですが、2歳児なので悪意があってやってることではなく、たまたまだと分かっているので驚くだけで終わります。でもその経験から、自分が子どものころ睨んだ覚えは全くないのに「なんだ…

Chaque chose en son temps.

息子2歳1ヶ月、意味のある言葉をまだ一言も発しません。口にするのは宇宙語ばかり。母子手帳によると1歳半で「ママ」「ワンワン」などの単語を、2歳で「ブーブーキタ」「マンマチョウダイ」などの二語を発するのが望ましいとされているようです。一般的に男…

いのちはめぐる

少し前になりますが、先月生まれたばかりの甥っ子に会いに夫の実家へ行ってきました。いやもう可愛かった!伯母ちゃんもうメロメロです!新生児のしぐさも泣き声も果てはウンチに至るまで、とにかく懐かしくて愛おしくてたまらなかったです。息子ももちろん…

息子2歳

息子はこのほど無事2歳になりました。12月は夫と息子の誕生日、クリスマス、年越しと、イベントづくしの我が家です。さて、世間では2歳といえばイヤイヤ期、イヤイヤ期といえば2歳、というくらいに第一次反抗期といつものが刷り込まれているかと思います。私…

おかあさんレゴにハマる

連休中はお天気に恵まれたので、息子を連れて家族や友だちと上野公園や新宿御苑へ出掛けました。お休みが終わったと思ったら雨続き。体力の有り余った幼児持ちにはつらいところ。来月2歳になる息子へ、義母と義妹が早目の誕生祝いにと、この間レゴの赤いバケ…

鮭失格

息子を産んでから、正確に言えば男の子を妊娠しているとわかったときから現在に至るまで「男の子ねえ……」とあからさまにネガティヴな反応をされることがありました。今はああまた暇人が何か囀ってらーと聞き流せるのですが、妊娠中と産後すぐくらいまでは神…

「うーーーわーーー☆」がききたくて

以前、息子の食が細かったころ、どうやって食べてもらうか思い悩んでいると「大丈夫、男の子はそのうち肉さえ与えとけばよくなるから」と諸先輩がたにアドバイスされました。そしてそれは真実でした(反面、肉以外を食べてくれないという新たな悩みを抱える…

二人の旅

息子のブーブーBOOMはまだまだ続いているのですが、相変わらずバスやトラックなどの大型車やミキサー車やクレーン車などの工事の車に惹かれるらしく、乗用車にはついに見向きもしなくなりました。散歩コースも緑道や公園から、ガソリンスタンドや大型車用の…

母は殴られ屋ではないのです

先日、息子が空のペットボトルで猫をぶん殴ろうとしつこく追い回すので叱ったら、うちに遊びに来ていた母に、ウワーン!と明らかに嘘泣きと分かる声をあげながら抱きつき、「この人が怒ってるのー」と言わんばかりにこっちをチラチラ見てきました。っかー!…

宇宙人母さん

この夏プール監視員をして暮らしています。そうは言ってもお給料をもらっているわけではないので暮らしているという言い方は変ですね。 このところ散歩に出るには暑すぎるので、ベランダにビニールプール広げて1歳8ヶ月の息子をあらよっと放り込んでいるので…

所詮この世は生まれてきたもの勝ち

お向かいの小学生男子がリコーダーを毎日一生懸命練習しているけれどちっともうまくなりません。蝉の声と混ざってひどい不協和音です。夏休みだなあ。 育った家を出てからこの8月で15年になりました。節目として何か書いておかなくてはと思いながらいつの間…

ブーブーBOOM!

ついに来るべき時が来たというのでしょうか。うちの息子も電車と車にものすごい勢いでのめり込むようになりました。男児持ちのみなさんが口を揃えて言う「男の子は教えなくても必ず車や電車が好きになる」という言葉、紛うことなき真実でございました。 毎朝…

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

板橋区立美術館のイタリア・ボローニャ国際絵本原画展に家族で行って来ました。 学生のころ同じ展示を観に来ていて、駅からずいぶん遠いなーと感じたことだけ覚えていたのですが、子連れだと尚更遠くに思えました。でも息子がたくさんの絵に興味を持ってくれ…

いつかモジャモジャになる日

息子(1歳半)と散歩していると、見知らぬ人からよく女の子に間違えられます。まあ、間違えられても「ごめんなさい、あんまり可愛いのでつい……」とお世辞を言ってもらえるので悪い気はしませんし逆パターンのような気まずさもないです。 しかし親の欲目でも…

はじめての水族館

親子3人で池袋のサンシャイン水族館へ行ってきました。息子(1歳半)にとっては生まれて初めての水族館。 お空にアシカが悠々と泳いでいてびっくり!旭山動物園みたい。親はかなり久々に来ましたが、昔とはずいぶん様変わりしましたねえ。 ずらり並んでミス…

寝かしつけプロレス

息子1歳半、赤子以上人間未満。大変なことはそれはそれはたくさんあるけれど、なかでも寝かしつけに悪戦苦闘しています。先月断乳するまでは乳で寝落ちするのを待てば良かったのですが、これからは自力で寝てもらわねばなりません。 母の理想としては、絵本…

1歳半

息子が1歳半になった。 昨年12月、1歳なりたてで体重が11kg、成長曲線上限ギリギリになったときは「いったいこの子はどこまで重くなるんだ!」と震え上がったけれど、歩き始めてから背はぐんぐん伸びたものの体重は変わらず、1歳半健診では200g減って10.8kg…

『消えたい 虐待された人の生き方から知る心の幸せ』高橋和巳

『子は親を救うために「心の病」になる』(http://hayashinaoko.hatenablog.com/entry/2014/04/21/141225)に続き、著者の本を読むのは2冊目。 著者は虐待を受けて育った人間のことを「異邦人」と呼ぶ。「異邦人」はその他9割の「普通の人」とは異なる世界に…

カーネーション

「カーネーション」の再放送を観ている。大好きな大好きなドラマ。あれからもう3年なのか。当時は影も形もなかった我が子が、今はもりもり海苔巻き食べて、わがまま言って(何言ってるか分からないけど)ギャンギャン泣いて、公園で元気に走り回って遊んでい…

日比谷公園

昨日は旧友に誘われて、息子を連れて日比谷公園に行って来ました。久しぶりの公園散策です。これまで「日比谷公園?ライブ観るとこだよね?」という感覚で、名にちゃんと「公園」を冠しているにも関わらず、公園という認識が薄かった場所です。当たり前です…

赤ちゃん抱っこ撮影会@両国国技館

今日は両国国技館での赤ちゃん抱っこ撮影会(http://www.sumo.or.jp/ticket/tokyo/special_ticket)に行ってきました。赤ちゃんのときにお相撲さんに抱っこしてもらうと、その子は無病息災で育つと言われています。 せっかく相撲好きとして生きてきて子ども…